ヨガが生理痛に効果的

ヨガで心も体もリフレッシュ

生理痛を改善するのに、ヨガをやっている人はとても多いです。それほど効果があると言われています。ヨガは呼吸とゆっくりな動きを取り入れて体の循環を行うものです。ヨガが終わった後に心地よい疲れや達成感があります。本来の人間の自然治癒力を上げるもので、続けていくうちに効果があると言われています。

しかし生理痛の改善の為にヨガを取り入れている人のほとんどが、生理痛が始まってからやっても1日痛みが緩和できたという人が多いです。ヨガをする事でそんなに効果が高いとは。

ヨガは教室も多くなってきているので、そこで本格的に学ぶ事もできますが、本やDVDで売られているものも多くあります。自宅でも簡単にできますし、忙しい人でも簡単にマイペースに取り入れる事ができるのでいいですね。

生理痛に効くポーズ

ヨガは何も敷かなくてもできますが、できれば下にバスタオルやマットなどを引いてやりましょう。開脚前屈はヨガの基本です。開脚した所に息を吐きながらゆっくりと倒していきます。

起き上がる時はゆっくりと吸うようにして呼吸を意識しましょう。数回やるだけで体がぽかぽかしてきませんか?体が硬い人は、最初は辛いですが、毎日やっていると、自然と体が柔らかくなり苦痛ではなくなります。

また生理痛で有名なのは「弓のポーズ」です。聞いた事がある人も多いのでは?うつぶせになります。右手を前に出して、左手で左足首を掴んだ状態にします。ゆっくりと足首をつかみましょう。そしてゆっくりと上半身を上に起こしていきます。反対も同じようにして数回繰り返す、これだけです。呼吸を意識すると筋が伸びる気持ちよさが増すと思います。

また「ひばりのポーズ」。正座で座ります。その後左足をゆっくりと後ろに下げていきます。息を吸いながら両手は肩の高さまで持っていきます。息を吐きながら大きく左右に開きます。そこで上体をそらして5秒呼吸します。吐きながら元にもどします。これを反対も繰り返します。これだけでリンパの流れがよくなり、血の巡りがよくなるので、冷え性も改善しますよ。

【人気記事】布ナプキンで生理痛改善?