運動不足はNG

生理痛の為に運動しよう

生理痛の原因の一つに運動不足があげられます。すべての人に当てはまる訳ではありませんが、運動をする事で改善される事があります。運動は自分の好きなものでもいいです。ストレッチからでも体操などでもいいでしょう。何より継続して行える体操ならなんでもいいという事です。

車をよく使う人は歩くようにしてみたり、通勤のひと駅前で降りて歩いてみたりと工夫すると次の月ぐらいから生理痛は変わってきます。中には乗り換えの時にエスカレーターをやめて、すべて階段にしたら変わってきたという人さえいます。それだけ現代人は運動不足という事なのかもしれません。

特に下半身を鍛えるものであれば、どんな運動でもいいです。ダイエットで運動を取り入れている人は、改善されている人も多いのではないでしょうか?

家事も運動のうち?

家事は以外に運動量があります。毎日隅々まで掃除したり、買い物に歩いて出かけるなどするとカロリーが減っている事があります。もちろん20分以上やることで有酸素運動になりますから、休まずずっと家事をやらなければならないわけですが…。

特に掃除は家中をきれいにするように背中を伸ばしたり、足を伸ばしたりと工夫してやると全然違うようです。なかなか運動する機会がないという人でも、家事で運動量を増やす事は可能です。

ラジオ体操も効果的

小学校の頃によく行った、ラジオ体操。朝早くて起きれなかったというイメージしかない人も多いですが、実はラジオ体操はかなりの運動量だと言われています。ラジオ体操をしているお年寄りのほとんどが健康に過ごす事ができているそうです。

冷え性も治りますし、体の歪みがとれていくと言われています。意外ですが、毎日のラジオ体操で、生理痛が緩和している人もいます。特に第一と第二合わせて毎日すると、冬でも少し汗をかくくらいに暖かくなります。

もちろん伸ばすところは伸ばす、腰をしっかりと落とすなどしておくと、かなりの運動量になるようです。ラジオ体操は、必要な筋肉を動かすようにできているそうです。運動不足で悩んでいる人は、朝と夕方、ラジオ体操をしてみてはいかがでしょうか。

【人気記事】布ナプキンで生理痛改善?