生理痛の種類

生理痛に種類がある?

ひとえに生理痛と言っても、個人によってその症状や痛みの程度などは変わってきます。それと同じように生理痛の原因もそれぞれ違ったものになってきます。その原因によって改善方法も変わってくるので、自分がどのタイプか知っておくといいかもしれません。

気滞血淤タイプ

もしストレスを感じて、イライラしたり落ち込んでいる事が多い人、生理初期に痛みがある、レバー状の塊が出る、不眠や過食傾向がある人は、気滞血淤タイプになります。柑橘類を積極的にとり、エビや鶏肉など気を補う食べ物を取り入れていくといいです。またアロマやハーブティなどリラックスできるものを取り入れていくといいでしょう。

陽虚内寒タイプ

手足が冷える、腰がだるい人、生理後に痛みがある、経血量が少ないなどの症状がある人は陽虚内寒タイプになります。冷え症の人なので、体を温めるようにすると変わってきます。食べ物は生姜やトウガラシ、香草など体を温めるものを使ったレシピ、サバやイワシなどの魚もいいです。

湿熱下注タイプ

生理の時だけでなくずっと下腹部に痛みがあり、生理前に痛みが大きくなってしまう人。熱が時々出る、尿の量が少なくて色が濃い人。湿熱下注タイプになります。体に熱がこもる事で体の不調が起こるので、体にこもった熱を外に出すようにする必要があります。根菜類やキュウリ、アサリ、玄米、海藻類などを食事に取り入れてみるといいでしょう。下半身を重点的においたストレッチも効果があります。

気血両虚タイプ

生理後に特に下腹部に症状が現れる人、顔色が悪いと言われる、さらに食欲不振になりがちな場合には気血両虚タイプになります。経血の量が少なめの人に見られます。レバーや黒豆、小松菜などカルシウムやマグネシウムの豊富な食べ物を取り入れてみましょう。アロマやハーブティなどリラックスできるものを取り入れていくとさらにいいです。

肝腎陰虚タイプ

生理の前から下腹部に症状がある人、経血量が少なく色が薄い場合には肝腎陰虚タイプです。のぼせや耳鳴りの症状がでる事も。体の弱い人に見らえるので、レバーやホウレンソウなどを取り入れるといいでしょう。体力をつけるようにすると改善されます。

【人気記事】布ナプキンで生理痛改善?