生理の仕組み

生理痛のもともとの根源は生理にあります。女性に生理があるから、生理痛が起こります。なぜ生理が起こるのか、知っておくといいでしょう。何となく頭の中で生理は「子供を産むため」にあるというのは分かると思います。そのための準備になります。

妊娠する準備を女性はします。それが毎月行われているという事です。はじめの準備として、子宮内膜が一定期間の間に厚くなります。その後、1ケ月に1回排卵が起こります。その排卵の時に性交渉をしてその卵子と精子が受精して着床するのを妊娠と言います。

ただ性交渉もなく、着床せずに終わると、体は分厚くなった子宮内膜を不必要と思って、血液と一緒に外に排出します。その排出作業が「生理」です。

排出する時に内膜が剥がれていくので、炎症を起こし痛みを伴うので生理痛が起きるのですが、その痛みの度合いによって、生理痛の違いがでます。お腹が痛いだけではないのは、その炎症から自律神経が乱れ、頭痛や胃痛が起こるようになっています。中には立てないくらいの人もいるのは、この自律神経の乱れからくるのです。

生理の周期

人によって個人差はありますが、生理が終わって2週間位で排卵が置きますが、その後に女性ホルモンの一つである黄体ホルモンの分泌量が増えます。ただ着床をしないで生理が起こると、この黄体ホルモンが一気に減ります。自律神経がバランスを崩して頭痛や胃痛、イライラなどの不調を引き起こします。

生理が始まると、プロスタグランジンという物質が急激に増え、この物質が子宮の収縮を促し体に排出する役割を果たします。この量が多い事で生理痛がひどくなります。特に吐き気やダルさ、冷えも強くなるのは、この物質が多く出ているからだと言われています。

生理も後半になると、血の流れが滞り、血液の流れが悪くなることから、腰や下腹部の鈍痛やダルさが起こります。ホルモンの分泌というよりは、最後の血液の流れのせいで、症状が起こっています。

【人気記事】布ナプキンで生理痛改善?