生理不順の原因とは?

生理不順の主な原因はホルモンバランスの乱れ

生理不順の原因としてよくありがちなのが、ホルモンバランスの乱れです。具体的には、卵巣の機能が低下して、女性ホルモンの分泌が減少してしまうことです。

通常であれば、生理を正常に引き起こすために、脳が卵巣に対して女性ホルモンを分泌するよう命令を発します。ところが、卵巣に何らかの障害があると、卵巣が正常に機能しなくなってしまいます。

女性ホルモンの分泌が減少すれば、当然来るはずの生理が順調に来るはずもありません。卵巣の機能低下の原因としては、卵巣の病気以外に生活習慣や食生活の乱れ、心身の疲労、冷え性などが考えられます。

また、卵巣は正常に機能していても、脳が卵巣に対してちゃんと命令を発しておらず、女性ホルモンの分泌が減ってしまうこともあります。卵巣に命令を発する場所は、主に脳下垂体の視床下部です。この部分は体調に敏感な場所で、心身の疲労をとても感じやすい部分です。

スポーツ選手がハードな運動によって生理不順を起こすこともありますし、一般の人でもハードなダイエットで生理不順を起こすこともあります。酷い場合には生理不順どころか、無月経排卵で妊娠が難しい体になってしまうこともあるので注意が必要です。

元々の体質や病気の治療で生理不順になることも!

生理不順の原因には、元々の体質や病気の治療が関係していることもあります。元々の体質では、産後に赤ちゃんに与える母乳を作るためのホルモン「プロラクチン」が過剰に分泌される人もいます。プロラクチンが多く生成されるのは授乳中だけであれば良いのですが、通常だと排卵が止まってしまうことがあります。

それから、甲状腺機能低下症や甲状腺機能亢進症などで、甲状腺で生成される「甲状腺ホルモン」の分泌が多い人もいます。これに関しても、卵巣の機能を邪魔してしまうことがあるので、注意が必要です。

また、今現在使用している薬、例えば精神安定剤や胃薬などで、プロラクチンの分泌を過剰にしてしまうこともあります。中には、病気の治療薬を飲み始めてから、生理不順になる人もいるようです。もちろん、この場合には、早めに医師に相談して指示を仰ぐ必要があります。

この他には、妊娠していて、生理が来ないこともよくあることです。避妊の効果は決して100%を保証するものではなく、かなり少ない確率で妊娠していることもあります。

なので、性行為をして生理が来ない場合には、「避妊したから大丈夫!」なんて思わず、念のため妊娠しているかどうかを確認してみましょう。妊娠はわざわざ病院に行かなくても、妊娠検査薬を使用すればすぐに分かります。

【人気記事】布ナプキンで生理痛改善?