生理痛と生活習慣の関係

生活習慣の大切さ

生理痛の原因の一つに生活習慣との関係が考えられます。特に現代の女性は社会進出している人も多く、生活の不規則さが目立ちます。ハードな仕事、ストレスを強く感じる、食事も不規則になるなど多くの事が違ってきています。

生活習慣が乱れると、生理痛がひどくなる事はおおいにあります。甘いものを食べ過ぎて冷え性になる、寝不足になればホルモンのバランスが悪くなる、ストレスを強く感じれば自律神経が乱れる、そうすると生理痛がひどくなってしまいます。環境の変化で、生理不順や生理痛がひどくなる人も多いです。

また生理痛という症状に来ない人もいますね。でも女性は特に子宮関係にくる事が多いです。学生時代は生理痛知らずだったのに、就職してから生理痛がひどくなったという経験の人も多いくらいです。

ただ20代で急激に生理痛が激しくなる人の場合は、子宮内膜症などの子宮の病気が考えられます。その場合には婦人科を受診するようにしましょう。

生活習慣を改善すること

仕事上なかなかできない人も多いですが、なるべく日が回る前に寝る、朝早く起きて太陽の光を浴びるという事を常に意識するだけでもだいぶ体調は変わると言われています。さらに食生活の見直し。甘いものは控えて、できれば体を暖める根菜や生姜、唐辛子などが入ったメニューを口にしましょう。

過度に食べるのではなく、腹8分目くらいにして、よく噛んで食べる事、冷たいものをなるべく摂取しないようにします。ストレッチなどの軽い運動を取り入れて体を動かし、体内から変えていくのもいいでしょう。

さらに生理痛がひどい人は、生理前に生理痛がくる恐怖みたいなのがあって、生理の3日前くらいから余兆のように痛くなる事もあるようです。とにかくリラックスできる環境を自分で作り、痛みを緩和できるようにしていくようにしましょう。またストレス発散できる自分の趣味を作ったりして、痛みから逃れられるようにしてみるとまた変わってくるはずです。

【人気記事】布ナプキンで生理痛改善?