産褥体操で生理痛が改善?

産褥体操とは

産褥体操とは、出産の後に勧められる体操で、お産が終わった後の体を元に戻していくための体操だと言われています。また出産や子育ての疲労回復を早めるという効果も期待できます。

体型を戻す為にする体操なので、ダイエット効果がある事も知られています。ただ出産後に無理をするのは禁物。3ヶ月くらいは続けていくといいでしょう。

産後の生理痛

出産後に体質が変わる人も多いと聞きます。生理痛のひどかった人は軽くなったという人が多いですし、逆に全然生理痛を知らなかったのに、出産後からひどくなる人もいるそうです。

出産という大事業をしてから体質が変わるというのはもちろん関係してくるのでしょうが、ひどくなるという場合には、骨盤の歪みは大きく関係してきます。

赤ちゃんをお腹の中に10ヶ月近く入れていたのですから、何らかの形でずれてしまっているのはあるかもしれません。逆によくなっているのは、赤ちゃんがいた事で、骨盤がゆるくなり、産んでから正常位置にもどるような環境や生活をしていたのでは?と思ったりします。

骨盤矯正や血流を上げるのにも効果がある

産褥体操は出産後にもあるお腹のたるみや足の浮腫みなどの悩みを解消してくれる体操です。産婦人科や助産師さんからも勧められるこの体操は、実は骨盤の歪みも解消してくれるものなのです。さらに血流を上げてくれる事から、子宮には効果の高い体操です。

面白い話ですが、出産後にずっと産褥体操をがんばっている人は、痩せるのも早いし、子宮の回復も早いようです。出産後の生理再開の時の生理痛も和らいでいる事が多いです。無理せず体調の悪い日はやめるという気楽さでやってみてはいかがでしょうか。

腹式呼吸と胸式呼吸は産褥体操の前に必ずします。その後、足の体操などをした後に、腹筋運動をします。仰向けに寝て両膝を立てます。そして背中に手を挟んで手を押すようにします。お腹に力を入れたり抜いたりします。

また両膝を伸ばして、手を腰の上に置きます。片方の腰をつま先の方に突き出すようにして、反対側の腰をグっと引いて2秒止めます。この体操だけでも、かなり違うようです。詳しくは産科でもらったやり方を元にがんばってみてはいかがでしょう。

【人気記事】布ナプキンで生理痛改善?