生理痛と月経前症候群

生理前なのに?

生理中に痛みがある事を生理痛と呼びますが、生理前にも痛みがあり、頭痛、吐き気、イライラ、乳房の張りなどの症状がある事があります。それを月経前症候群と呼ばれます。別名PMSと呼ぶ事もあります。近年に特に多く見られる症状の一つのようです。生理痛と同じで個人差があります。

そう言われれば、そんな感じもするなぁ、とか、そわそわ落ち着かないなぁ、という軽い人もいれば、日常生活に支障があるくらい大変な人もいます。もし日常生活に何らかの影響がある人は、婦人科の診察をした方がいいでしょう。

月経前症候群であっても、なんらかの病気が潜んでいる場合もあります。またホルモンのバランスが崩れている人が多くなるとも言われています。その為に、診察する事が必要です。

PMSと似たもの

月経前症候群の他に、排卵痛や排卵の時の出血などがあります。生理が終わって2週間後くらいに、少量の出血やおりものが茶色になるような症状がある事があります。

少量であれば、それは自然な事であって、心配する事はないのですが、その時に激痛が走ったり、出血が多いとなると、不安になります。そういう場合には婦人科を受診しましょう。

月経前症候群を改善する

多くの人が悩む月経前症候群。改善するのには、やはり生理痛を改善するのと同じように取り組んでいくといいようです。自分に合うものはそれぞれ違いますが、特に運動や食生活などは気を付けていくと変わってきます。

冷えにも気をつけるといいでしょう。中にはホルモンのバランスを整える為に、豆乳を飲んだら月経前症候群が軽くなったという人もいます。月経症候群のある人の中には生理痛がひどい人もいます。2週間ずっと痛みやダルさ、イライラが続いているのは正直しんどいと思います。生理痛の改善方法をしているうちにPMSも改善した人は多くいます。

また治療をしていくうちに改善したという人も。どちらかだけの改善方法というのではなく、子宮機能を上げるための方法をしていく事で、療法が改善していくと言えます。

【人気記事】布ナプキンで生理痛改善?