マッサージで生理痛を緩和

マッサージで改善

生理痛がなくなるという事はありませんが、マッサージによって緩和される事はあります。どうしても痛くてしょうがない人は、マッサージで痛みを逃す、体の硬さを改善する事で痛みを緩和する状態に体をします。

一人でのマッサージの仕方

生理痛のためのマッサージは自分一人でもする事ができます。手の届く範囲になりますが、それだけでもだいぶ変わってきますから、試してみてください。

基本、マッサージは体を暖めるように行なっていきます。お腹の上にバスタオルなど一枚布を掛けて仰向けに寝転びます。おへそから指3本位の下の所から円を描くようにゆっくりとマッサージしていきます。

最初は小さな円ですが、何周かしているうちに恥骨くらいまでいくといいでしょう。これを3分くらいかけてゆっくりやり、少し休んでからまたマッサージをするように繰り返していくといいでしょう。

起き上がって、リラックスした状態で座り、足をマッサージしていきます。手が届かない場合は膝を曲げて構いません。まずは足の外側からくるぶしから腰骨までマッサージします。次に内側をくるぶしの一から足の付け根までゆっくりとマッサージします。手のひらですると、ポカポカと暖かくなり効果的です。

パートナーとのマッサージの仕方

パートナーがいる場合には、生理痛がひどいときに、マッサージしてもらうといいでしょう。その方が楽になる気がします。

同じくバスタオルのような布を一枚かけて腰周りをマッサージします。暖かいと感じるくらいまで優しくマッサージしましょう。背骨から腰骨、太ももから膝裏くらいまでゆっくりとマッサージしてもらうと、楽になってくるでしょう。

このとき、パートナーの手が暖かい方が効果に期待できます。冷たいと余計に冷えてしまい、逆効果になる事があります。よく腰を踏む人とかがいますが、そんなに強く押しては逆効果です。優しく愛情を持ってマッサージしてもらえると、効いてくる気がします。

【人気記事】布ナプキンで生理痛改善?