骨盤矯正で歪みを治す

骨盤のゆがみが生理痛の原因

生理痛の原因の一つに骨盤の歪みがあげられています。骨盤のゆがみがある事で、子宮が正常の位置になく、血流が悪くなります。血流が悪くなる事で子宮の機能の低下になってしまいます。

また血流が悪くなる事で、経血が多くなり生理痛がひどくなると言われています。骨盤のゆがみは、妊娠出産すると大きくなる場合がありますが、今は若い人にも多く見られます。

若い人は姿勢が悪かったり、運動不足だったりする事から骨盤のゆがみがあります。その為に若い人にも生理痛のひどい人が多いのです。

整体で骨盤矯正

骨盤矯正は自分でもできますが、最初に整体で歪みをみてもらうのもオススメです。どちらに歪んでいるのか、開いているのかどうかを診てもらう事ができます。自分の体型は自分ではわかりにくいものです。きちんと診てもらい、正しい方法で骨盤矯正してもらう事で、早く矯正されていきます。

さらに普段の生活での姿勢なども正してもらったりするので、早く効果が出てくるでしょう。ただ保険が効かない所が多いので、通う事になると多少のお金がかかります。

骨盤体操で矯正

家でできる簡単な骨盤矯正体操があります。1日1回続ける事で骨盤のゆがみは解消していきます。

まず仰向けに寝ます。その時足は揃えて伸ばしておきます。手は真横にまっすぐにしましょう。まず深呼吸をしてから、片方の足を真上まで上げます(上がらない場合には、無理しない事です)。

数秒停止して、その後に足と反対側の方へ真横に曲げます。上半身は動かさない事がポイント。そのまま数秒止めて、また足を上に上げます。それを交互に数回するだけ。息を止めない方がいいです。呼吸をしながらやりましょう。

また仰向けに寝て足を揃えてのばします。両手を骨盤の上にのせておきます。足を曲げないように伸ばしたまま片方の骨盤を上に引き上げるようにして数秒間止めます。足を元にもどして、反対側も同じようにします。

骨が動いているのを確認するために手を骨盤の上においておくというものです。これも1日1回するだけで、変わってくると言われています。

【人気記事】布ナプキンで生理痛改善?