基礎体温を付けよう

基礎体温とは?

基礎体温とは聞いた事はあるけど、計った事ないという女性は多いのでは?基礎体温というイメージも、妊娠や避妊の為、と思っている人の方が多いのかもしれません。

生理痛で基礎体温を計る事が重要になってくるとはなかなか思えないものです。しかし基礎体温を計る事は自分の体のリズムを知るだけでなく、排卵の時期や子宮の病気、体の不調などあらゆる事がわかります。特に生理痛のひどい人には、一度基礎体温をはかっておいてほしい所です。基礎体温の表をもって、婦人科に行く方がわかりやすいですね。

基礎体温の付け方

好きな時に体温を計るだけではありません。きちんとした測り方でないと、グラフに出てきません。そこで基礎体温の測り方です。

毎日朝起きて一定した時間に測る事です。さらに起きてからあまり体を動かさないようにして計る事が大切です。しかも睡眠不足では計測できないので、最低でも4時間以上の睡眠をとった時に計るようにします。婦人体温計など自分専用の体温計をもち、口に入れて計るようにしましょう。脇の下で計るのは、正確な体温が計れない場合があるからだそうです。

グラフにするのですが、折れ線グラフで毎日記入。何かあれば、備考として記入していく必要があります。生理の時は生理、生理痛がひどい時や生理前の不調など、自分の体の不調も書き込むといいでしょう。

基礎体温から分かること

基礎体温のグラフを見るとわかりますが、高温期と低温期というのが必ずあります。生理前に黄体ホルモンが多く分泌され、一気に体温が上がります。さらに生理が始まると体温が下がってきて、そのまま低温期になります。排卵してすぐに体温が上がって高温期になります。

このきれいなグラフになれば、周期は多少前後しても問題はないです。しかしグラフにならない表になってしまえば、無排卵、黄体の機能不全、卵巣の機能不全などがわかります。生理痛がひどい原因もグラフの中から分かってくる事もあります。

【人気記事】布ナプキンで生理痛改善?