漢方で生理痛を改善

漢方は体質改善する

生理痛で悩んでいる人の中には、市販薬などの薬を飲んで痛みを和らげている人も多いと思います。しかし薬の飲みすぎは、身体によくないという事はほとんどの人が知っています。でもこの痛みには耐えられない…、そんな場合には漢方という薬を飲む事はいかがでしょうか?

漢方は東洋医学の薬で、自然のものを使用していて副作用が少ないと言われています。ほとんどの人は副作用を感じないそうです。飲みすぎて悪いという事も少ないですし、漢方が身体に合えば、かなり生理痛は改善されるでしょう。

漢方は痛みをブロックする市販薬と違い、そもそも人の体の体質改善を行う薬です。その分効いてくるのに時間がかかります。しかし体質改善していくだけあって、生理痛で悩んでいたけれども、他の不調もよくなったという人も多いです。虚弱体質や、冷え性など改善した人は多くみられます。

生理痛のための漢方

本来漢方を飲むのであれば、漢方薬局で診断してもらい、自分に合った漢方を処方してもらうのが一番効果的です。生理痛には大きく分けて「気の乱れのタイプ」と「血の乱れのタイプ」と2種類あります。その2種類を見極め、さらに冷え性や免疫力低下など色々な症状を見ながら処方する事になります。

気の乱れは「加味しょう遥散」、血の乱れには「桂枝ぶく苓丸」が処方される事が多いでしょう。煎じて飲むタイプと、粉末状や粒状なので水で飲めるタイプになります。

ただ、漢方は保険が効かないので、高価な薬に入ります。そのために漢方は諦めてしまう人も多いです。しかしここ最近は一般の病院でも漢方を保険内で取り扱っている病院も増えてきています。そこで診断してもらい、すでに処方されている漢方ですが、粉末状になっているものを処方してもらう事ができます。それで生理痛はだいぶ緩和する事ができます。

漢方は自然のものと言っても、素人が勝手に飲む事は絶対にいけません。必ず診断して処方してくれる場所に相談してから飲みましょう。

【人気記事】布ナプキンで生理痛改善?