生理痛と排卵痛の違い

生理痛とはどういう痛み?

そもそも、生理痛とは言葉通り、生理による痛みのことを言います。時期的には、生理の時だけではなく、生理前に起こることもありますし、人によっては生理が終了したのに生理痛を感じることもあります。

生理痛の経験がある女性は、何と9割以上と言われています。生理痛の経験のない女性の方がむしろ少数派なので、生理痛は決して珍しいことではありません。

ただ、生理痛の中にはちょっとした痛みから、日常生活に支障が出てしまうほどの激痛まで様々です。特に後者の場合には、「月経困難症」と言って注意が必要な場合もあります。激しい生理痛で経血量が多かったり、生理日が長かったりすることはありませんか。

あるいは、以前に比べて経血量が多かったり、生理日が長くなったように感じる人もいるかも知れませんね。このような場合には、子宮内膜症や子宮筋腫などの子宮の病気が関係していることがあります。念のため、婦人科で一通りの子宮の検査を受けておくと安心です。

それから、子宮の病気でもないのに、子宮口の狭さや子宮を収縮させるホルモンの多さなどで、激しい生理痛を感じることもあります。子宮口に関しては、出産経験が無かったり、20代前半までで子宮が成長段階にあったりすると、狭く硬くなっていることがあります。

それで、生理の際に血液がスムーズに押し出されにくく、痛みが発生することがあります。子宮を収縮させるホルモンは「プロスタグランジン」なのですが、体質的に分泌量が多いと、子宮が収縮され過ぎて子宮の血行が悪くなってしまいます。その結果として、激しい生理痛に繋がることがあります。

排卵痛とはどういう痛み?生理痛との違いは?

排卵痛は痛み自体は生理痛と似ているのですが、排卵日数日前から数日後にかけて発生する痛みのことを言います。排卵日を迎えてから卵巣に黄体が残ることで卵巣が全体的に膨らんで、下腹部痛やお腹の張りを感じることがあります。さらに、このタイミングで卵巣で多くの女性ホルモンが分泌されて、腸の働きが低下して便秘でお腹が張ることもあります。

また、そもそも、排卵は卵子が卵巣から飛び出す現象を言うのですが、卵子が卵巣の壁を突き抜けてくる時に若干卵巣の壁にダメージを与えます。この時に排卵出血を起こしたり、排卵痛を感じることもあります。

排卵日くらいに激しい性交渉をして、多く出血したり、強い痛みを感じることもあります。排卵痛は生理痛の比べると経験のない人が多いのですが、激しい痛みの場合に注意が必要である点では生理痛と同じです。

排卵出血が止まらずお腹に血液が溜まってしまうと、入院や手術が必要となることもあります。最悪の事態を防ぐためにも、生理痛や排卵痛で子宮の異常が疑わしい場合には、早めに医師の診察を受けましょう。

【人気記事】布ナプキンで生理痛改善?