生理痛外来ってどんなもの?

生理痛外来なら婦人科へ

激しい生理痛に悩まされていて、婦人科系の病気が心配な場合には、医者にかかろうと考える人が多いでしょう。ただ、ここでどういう医者にかかれば良いのか、分からない方もいるかも知れませんね。

「生理痛外来」なんて言うものがあれば分かりやすいのですが、残念ながら探してもなかなか見つからないでしょう。なので、基本的には、女性特有の不調として、婦人科にかかればまず間違いないでしょう。

「たかが生理痛で、婦人科にかかっても大丈夫なのだろうか?」と迷う人もいるのですが、迷うくらいなら念のため受診することをお勧めします。受診して「異常なし」であれば、専門家の判断では問題ないと言うことなのですから安心できます。

逆に、何らかの異常があっても、受診したことでこれ以上症状が悪化する前に治療を受けることができる訳です。受診して損は無いので、ひとまず近くの婦人科を探して受診してみましょう。

生理痛外来ではどういう検査を受けるの?

生理痛外来にかかるとしても、どういう検査を受けるのが気になっている人も多いでしょう。確かに、検査内容が分かれば、持ち物も分かりますし、事前に心の準備もできますよね。

まず、生理痛外来で注意したいのが、予約です。予約の要らない婦人科も僅かながらあるものの、予約が必要な婦人科も多いです。予約が必要なくても予約が取れるところであれば、予約を取っておいた方が待ち時間が少なくて済むので効率的です。

そして、婦人科で行う検査としては、最初に問診があります。問診では当然ながら、症状について詳しく聞かれます。なので、言い忘れが無いように、生理痛の酷さ、生理痛の起こる時期、生理痛の続く期間、その他の気になっている症状などを、メモして持参すると良いでしょう。

基礎体温や生理日などを記録している人は、それらを記録したものも持参しましょう。生理不順が気になる場合も、問診の際に医師に伝えておきましょう。

そして、問診が終了したら、必要に応じて内診を行います。内診では、子宮内の腫れの有無、組織同士の癒着の有無、子宮の動き方などをチェックします。特に下半身は、脱ぎ着が簡単な服装にしていくと検査が楽です。フレアスカートだとシワになりにくいですし、そのまま上に上げた状態で内診を受けることも可能です。

また、診察では、お腹の中の異常の有無を確認するために、超音波検査やMRI、CTなどの画像検査を行うこともあります。この他には、生理痛の原因を特定するために、血液検査を行って病気の有無を確認することもあります。

【人気記事】布ナプキンで生理痛改善?