ひどい生理痛が症状の病気

生理痛がひどいのは病気が原因?

生理痛がかなりひどく、生活に支障がでるくらいのものであれば、一度婦人科を受診する方がいいでしょう。特にだんだんと痛みが増してくる、長い期間痛みが続くなど、症状がひどくなっている人は子宮の病気が潜んでいるかもしれません。

子宮の病気は、ほとんど初期症状がありません。生理痛も初めはこれくらい普通だと我慢してしまう程度です。早く発見することで、ひどくなる前に治療できますし、対処もできます。不安に思ったら、医師に相談する必要があります。

子宮内膜症

生理痛がひどいと言われている子宮内膜症。あまりにも辛い人は一番に子宮内膜症を疑うかもしれません。特に出血がひどい場合、血の塊が出る場合には子宮内膜症が潜んでいる場合があります。昔は年齢が高い人に見られる病気でしたが、近年若い人に増えてきています。

子宮内膜症とは、子宮以外の所で子宮内膜が増殖してしまうので、出血が多くなったり痛みがひどくなったりします。放っておくと不妊症や卵巣がんなど、もっと色々な婦人科系の病気になってしまう可能性があります。早期治療をすれば、生理痛もなくなりますし、妊娠する事も可能です。

子宮筋腫

以前は中年女性や出産経験者に多いと言われていた子宮筋腫ですが、ここ最近は出産経験のない若い人たちにも増えてきています。子宮の中にコブ状のものができて、だんだん大きくなっていくというものです。初めは点のようなものから、ひどくなると赤ちゃんの頭くらいの大きさになることがあります。

子宮筋腫になると、生理痛がひどいのもありますが、不正出血や貧血などひどくなっていく事があります。だいたい生理痛のひどさから子宮筋腫が分かる事も。子宮筋腫が小さければ手術をしないで薬で治療することもありますし、放っておいても大丈夫な事もありますが、大きなものになれば手術が必要になります。

症状が大きくなると、子宮や卵巣など摘出しなければならなくなってしまいます。また子宮筋腫は再発が多い病気のひとつですので、早目に治療する方がいいでしょう。

【人気記事】布ナプキンで生理痛改善?