便秘や下痢を解消しよう!

生理になると便秘になる

生理がくると便秘になる人は多いです。また反対に下痢になる人もいます。生理というのは子宮だけでなく、周りの内蔵にも大きな影響を及ぼします。生理が来ると便秘になる原因は、一つはホルモンの関係です。

生理前には黄体ホルモンが分泌され、子宮内膜を妊娠しやすいように準備します。そのあと妊娠していない場合には、生理が起こるようにできています。この子宮内膜を作るときに、一緒に腸が動きをゆっくりにしてしまうので、便秘になりやすいそうです。男性より女性に便秘が多いのは、こういったホルモンの関係からくるという事もあります。

またこういった便秘が生理痛を大きくする場合が多いです。便秘になるから生理痛がひどくなる人と、生理痛がひどいから便秘になってしまうのと、両方あるようです。しかし生理中に便秘にならないようにしてみると、生理痛が改善される事も多いです。

便秘解消に力を入れる方がいい場合もあります。食物繊維をよく取ること、朝起きてすぐに水1杯飲むこと、運動を取り入れるなどがあります。生理中に運動してはいけないと思いがちですが、ストレッチや体操程度ならしても全然問題ないので、取り入れてみましょう。ヨーグルトなどの乳製品を摂るのもいいでしょう。

生理になると下痢になる

生理中に下痢になる人は、冷え性の原因が考えられます。普段から冷え性の人は、下痢をしやすい体質になってしまっているかもしれません。生理中には特に経血を排泄していく事から、冷えやすくなっていますので、普段よりも暖める必要があります。

暖める事で生理痛も改善できますが、下痢も十分改善する事ができます。経血が多い日は、特に意識して腰やお腹まわりを暖めるようにしましょう。夏場でももちろん冷たいものを飲まないようにして、クーラーの風邪に気をつける。

冬場では、運動を取り入れ、ストレッチなどで体を暖めるのもいいでしょう。カイロを貼って過ごすとかなり楽になります。低体温には注意が必要です。

【人気記事】布ナプキンで生理痛改善?