生理痛がひどい・痛い・重いを改善しよう!

生理痛とは?

生理痛は辛いです。女性にしかないものですが、同じ女性でも生理痛がひどい人と軽い人に分かれています。中には全く生理痛がないという羨ましい人もいます。でも女性の9割近くが生理痛と呼ばれる生理の期間の不快感を持っていると答えています。

生理痛はひどい人であれば、立って歩く事ができない人もいますし、吐いてしまう人もいます。腰が砕けそうだという表現をする人もいますね。軽い人であれば、お腹が痛い、腰が痛い、頭が痛いという人が多いです。

生理とは子供を産むためのものではあるとは分かっていますが、これが毎月くるのはしんどいものです。対処法としては色々あげられますが、ほとんどの人が薬を飲んで過ごしているようです。

女性が社会進出するようになり、生理痛で仕事を休む事なんかできないし、薬で抑えて出るしかありません。できれば生理痛を改善できるポイントを知って、薬なしで生活できるようになる事が理想です。

そのための色々な方法、そもそも女性の体とはどんな事が起こっているのかなどを紹介していければと思います。


スポンサードリンク


生理痛の症状

生理中に何か不快感があれば、それは生理痛でしょう。主に腹痛、頭痛、腰痛があげられます。

腹痛であれば鈍痛のような重い感じの痛みが多く、頭痛であれば、ズキズキとする感じで例えられている事が多いです。腰痛は重いのから、ガタガタとする感覚のものまで色々な種類があります。

吐き気や寒気、めまい、手足のしびれなどが起こる事があります。そのために脳の病気ではないかと心配になる人も多いです。稀なケースですが肩こりが起こる場合もあります。

また誰もが経験すると思いますが、イライラや面倒くさい感じになる事が多いです。なんとも言えないダルさや眠気が襲う事も。

また生理が終わったらこれらの症状がすっきりなくなる人もいれば、しばらく続くという人もいます。月の半分は生理痛に悩むという人さえもいます。

生理痛には個人差がある?

機能性月経困難症で寝込んでしまう人も!

毎月のように生理痛に悩まされている人もいれば、月によって生理痛を感じる時と感じない時があると言う人もいます。生理痛を経験したことが無いと言う人も、稀にいます。

起きていられないほどの強い生理痛に悩まされている人もいます。このように、生理痛には個人差があります。中でも、起きていられないほどの強い生理痛を感じる場合には、機能性月経困難症の可能性があります。

生理で血液を体外に押し出す際には子宮が収縮するのですが、この時に強い痛みを感じるのです。この他、血行不良、骨盤のうっ血などが起こっていても、強い生理痛を感じることがあります。

機能性月経困難症で生理痛が起こるタイミングは、主に生理2、3日目くらいの経血量が多い時です。具体的な症状としては、下腹部痛以外に肩こりや腰痛、頭痛、吐き気、むくみ、眠気などが挙げられます。

中でも腰痛は、骨盤のうっ血で下半身の血液の流れが悪化して起こるものです。頭痛は、自律神経のバランスが乱れて脳の血管が拡張することで起こるものです。

もちろん、生理痛の症状には個人差があるので、先に挙げた症状の一部だけを感じる人もいれば、全ての症状に悩まされる人もいます。

プロスタグランディンの量で生理痛が酷くなることも!

生理痛には、ストレス、生活習慣、食生活、環境などの様々なことが関係しています。だからこそ、個人差があるものなのですが、他にはホルモンの量も生理痛に大きく関係しています。

特に酷い生理痛の原因となりやすいホルモンが、「プロスタグランディン」と言う子宮内膜で生成されるホルモンです。プロスタグランディンは、子宮を収縮させるホルモンです。

生理の時のこのホルモンが多く分泌されると、子宮の収縮が強くなることで強い痛みを感じやすくなります。プロスタグランディンは出産の際には、子宮を収縮させて陣痛を引き起こしてくれます。

ただ、出産でもなくプロスタグランディンの分泌量が過剰になっている場合には、薬で分泌量を調整して生理痛を治療することもあります。

もちろん、病気による生理痛にも注意!

「生理痛は体質上仕方がないもの!」と思っている人もいるのですが、酷い生理痛には病気が関係していることもあります。最近若い人に増えている子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科系の病気でも、酷い生理痛が起こることがあります。

他には、過去の手術や病気などで臓器の癒着して、酷い生理痛が起こることもあります。特に病気の場合には、治療が必要となることが多いです。なので、あまりにも強い生理痛を感じる場合には、念のため医師の診察を受けると安心です。

【人気記事】布ナプキンで生理痛改善?